TOP

結婚式で気になる暦の意味

結婚式の日取りを決めるときに、気になってしまうのが暦です。
カレンダーの日付の側に小さく「大安」「仏滅」などの用語が書かれているのを目にすることも多くありますが、
これは六曜と呼ばれる日本特有の暦です。

カレンダー

六曜とは、日時・方位などのその日の運勢を示す暦のことで、中国で生まれた思想が日本に伝来したものです。
14世紀頃に伝えられて以来、様々な思想と結びつき、時代とともに変化しながら伝えられてきました。
現在の六曜が広く一般に普及したのは幕末以後といわれています。

六曜には「先勝」、「友引」、「先負」、「仏滅」、「大安」、「赤口」の六つがあり、それぞれに吉凶を示す意味があります。

結婚式の開催に良いとされるのは「大安」ですが、この日は何事においても吉とされ、結納にも適しています。
次に良いとされるのが「友引」で、友を引くという意味から友人を招いた披露宴などにも適しています。
「先勝」は急を要する物事を行うことが吉とされている日で、午後からは良くないとされていますが、
式の開催を午前中にしてしまう場合もあります。
「先負」は控えめであることが吉とされる日で、午前中は凶で午後からが吉という意味があります。

そして「仏滅」は何事にも終日が凶とされ、結婚式はこの日に開くと縁起が悪いとされる習慣があります。
「赤口」は午の刻(11時~13時)以外の時刻が大凶とされ、
赤という文字から連想される火の元や刃物には注意が必要といわれています。
また、この日にお祝い事を行うのは大凶といわれているため注意しておきたいものです。



更新情報